献血してきました!

昼前には仕事が終わり・・・
あまりに暑く、このまま帰宅してもダラダラ過ごすことが目に見えてたので、献血に。
今日はいつもとは違う献血ルーム。
ここ、初めてだけど、カフェみたいでおしゃれ~広々してて居心地がいい。
前検、問診と問題なく終わり、いつも通りの血小板成分献血。
待ってる間、ポケベルみたいなの持たされて、準備できたら呼ばれて入室。

何事もなく、サクッと3サイクル終了。
抜針した後、絆創膏の上からさらに包帯巻いてくれて、バンドも。
「夏場で半袖着るのに、青くなったら困るから」って。
ご丁寧にありがとうございます・・・

画像


先着順で頂けるハーゲンダッツのアイス食べて、飲み物も飲んで休憩。
ついでに仕事もちょっと片づけ、ゆっくり帰宅。
真昼より少しはマシだろうけど、それでも電車待ってて倒れそうな暑さだった・・・(+_+)

この記事へのコメント

せきぐち
2013年07月11日 19:40
初めまして。私も月に1、2回、成分献血(私はA型)をしていて、骨髄移植のドナー登録もしています(^_^)/
それで、人を助ける方法が、献血や募金以外にもあるので、それをお伝えします。大阪にある、『豊能障害者労働センター』では、バザー品を一年中募集していて、バザー品の売り上げが、障害者福祉に使われています。 私は、献血でもらった景品も、自分では使わない物は、ここに送っています。
 このセンターでは、5つのリサイクルショップを運営して、バザー品はそこで売られています。ここのセンターにバザー品を送ることは、障害者の方々に『仕事』を提供することにもなり、障害者の『自立』を支援することにもなります。
 私も「ずっと長く使う」と信じて買ったものが、意外と使わなくなった、ということが、よくありました。以前はもったいないと思いながら、不用品を泣きたい気持ちで仕方なく捨てていましたが、今はここの労働センターに送れるので、とても嬉しいです(^^) それで、私と同じように、「使わないものを捨てられない」と悩んでいる人を助けたくて、多くの人に、この労働センターを教えているのです。 
 バザー品の送り先のHPはhttp://www.tumiki.jp/bazar.html です。ここでは、一般のリサイクルショップで引き取らない物や、他のバザー会場で売れ残った物も受け入れていて、それらはきちんと商品として販売されています。
 また、ここの送り先を気に行って下さったら、知り合いの方にも伝えて頂けると嬉しいです。私は一人でも多くの「もったいなくて捨てられなくて困っている」方々を助けたくて、そして多くの家庭に眠っている『不用品』が、社会貢献のお役に立ってもらいたいので(^^)  

この記事へのトラックバック